仕事とは?働く意味や理由について【人は何のために働くのか考えてみた】

人って何のために働くんだろう?社会人になったら仕事するのが当たり前だけど、そもそも仕事って何なんだろう?

今回は、こんなお悩みを解決しつつ、仕事の意味や働く理由について考えていきます。

 

本記事では、次の内容が学べます。

・仕事とは?働く理由について

・仕事についての価値観

・面接で問われる「あなたにとって仕事とは?」についての意図

 

あなたは何のために働いていますか?

世の中の大半の人は、自分のため、人のために働いていると思いますが、中にはなぜ働いているのか分からないという人もいます。

そこで今回は、そんな仕事や働くことについて本記事で一緒に考えていけたらと思います。

仕事とは何か?

仕事とは何か?

多くの方が高校や大学を卒業すると同時に会社、企業に就職し仕事をするかと思いますが、そもそも仕事とは何なのでしょうか?

まずは、仕事について考えてみましょう。

 

今パッと思いついただけでもこんな感じです。

・生活するため、生きていくため

・生きがい(好きなこと、趣味)

・欲しいモノ、趣味のため

・自己実現のため

・自分自身の成長やスキルアップのため

・社会貢献するため

生活するため、生きていくため

人間が生きていくためは、仕事をしなければいけません。

なぜなら、人が現代社会生活するためには様々な場面でお金が必要になり、そのお金を稼ぐためには仕事をして働いてお金を稼ぐしかないためです。

そのため、人は生まれながらにして仕事をしなければ生きていけない生き物なわけです。

単純な理由ではありますが、人が仕事をする理由はこれに尽きると思います。

生きがい(好きなこと、趣味)

元々は生活のために仕事していたけど、月日の経過とともに仕事をすることが生きがいになったという方も多いのではないでしょうか。

または、好きなことや趣味を仕事にしたという方は仕事自体が人生という人も多いかと思います。

とはいえ、今の若い人達の多くは、働きたくない、仕事したくないという人が多い傾向にあります。

なので、こういう人達が自分に適した仕事や働き方を見つけ、仕事が生きがいと思えるようになってもらいたいものです。

欲しいモノ、趣味のため

お金を稼ぐ理由として、趣味のため、欲しいものを購入するためという方も多いですね。

旅行が趣味、ブランド物のバッグが欲しいなど理由は様々です。

仮に仕事が嫌だとしても、自分のためにお金を使うのであればどんなことも頑張れるという人は意外と多いようです。

自己実現のため

「起業したいのでその資金集めのためお金が必要」

「マンション購入したい」

「セミリタイアしたい」

こういった理由のためにお金を稼ぎたい、仕事をしているという人もいらっしゃると思います。

私自身も、会社に依存しないで生きていきたいという目標を持ちながら今現在働いている一人でもあります。

どうせ仕事するなら目標や目的があったほうが頑張れると思いますし、何より自分の人生なので自分のために生きたいと思うのは至極当然のことだと思います。

自分自身の成長やスキルアップのため

・自分自身を成長させるため

・スキルアップのため

・キャリアアップのため

など、自分が成長するために仕事をしているという方も多いかと思います。

私も、独立願望が強かったので自分自身を成長させるためやスキルアップのために仕事をしています。

こういう人は、仕事に対してストイックで、無理をしても仕事をする人が多いような気がしますね。

社会貢献するため

企業の面接などで仕事に対する質問を受けることがあるかと思いますが、そんな時に多い理由が社会貢献するためというものです。

正直、テンプレっぽく、胡散臭く聞こえますが、中には本当に社会貢献したいために仕事をしている人もいるかと思います。

ただ、実際人生の全てを社会貢献するために捧げている賢者のような方はいないと思いますが、少しでも社会貢献したいと思って仕事に取り組めれば素晴らしいことですね。

仕事の意味をネットで調べてみた

仕事の意味をネットで調べてみた

仕事をする理由は人それぞれですが、おそらく大半の方が生活するため、生きる為に仕事をしてお金を稼いでいると思います。

そのうえで、他にやりたいことのために仕事している人、自己実現の為に働いている人がいます。

 

仕事とは?と一言でいっても人それぞれによって意味合いが変わってくるようです。

では、goo辞書では仕事はどのように定義されているのでしょうか。確認して見ましょう。

1 何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。「やりかけの仕事」「仕事が手につかない」

2 生計を立てる手段として従事する事柄。職業。「将来性のある仕事を探す」「金融関係の仕事に就く」「週の半分は自宅で仕事する」

3 したこと。行動の結果。業績。「いい仕事を残す」

4 悪事をしたり、たくらんだりすること。しわざ。所業。「掏摸 (すり) が集団で仕事をする」

5 《「針仕事」の略》縫い物。裁縫。

「お前急に一つ―をしてくれんか」〈紅葉・多情多恨〉

6 力学で、物体が外力の作用で移動したときの、移動方向への力の成分と移動距離との積。単位はエネルギーの単位ジュール、その他ワット秒・ワット時など。

出典元:goo辞書

今回の場合だと、2に該当していますね。

 

生計を立てる手段として従事する事柄。職業。

 

goo辞書でも仕事のことを生活するための手段として解説していますね。

なので、仕事をする理由は先程例に挙げたように人それぞれ異なるわけですが、大枠で捉えるとあくまでも生活をしていくための手段(ツール)でしかないわけです。

要は、みんながみんな何かの目的のために仕事をして働いてお金を稼いで人生を生きているということです。

 

仕事の意味が何となく分かりましたが、実際のところ世の中の人達は仕事をどういう意味で捉えているのでしょうか?

引き続き世間の方々が、仕事に対してどんなイメージを持っているのか見てみましょう。

世間の仕事に対するイメージや価値観

世間の仕事に対するイメージや価値観

今回は、「あなたの言葉を辞書に載せよう。2015」より世の中の人が仕事に対してどんなイメージや感情を抱いているのか見てみましょう。

 

なんだかんだ言って生き甲斐だったりする。
ハルヲさん

自分、あるいは家族のために頑張るもの。ただし、時には家族との大切な時間をも犠牲にしてでも頑張らないといけないもの。
しゃけ缶さん

自分でやろうと決めた行動。その意味では自発的なものだけでなく、指示された内容も含む。福沢諭吉は世の中で一番楽しく立派なことは一生涯を貫く仕事を持つことであるとしている。
かぁじぃさん

与えられると窮屈になるもの。みずから掴み取るとワクワクとしてくるもの。
みままさん

あらゆる場面で使われている「言い訳ネタ」の王道。
陽一郎タニーさん

やればやるほど増えるもの。
のびたさん

終わりが待ち遠しくて、始まりは憂鬱なもの。
すぅさん

社会の中での自分の「役割」を見つけ、同時に自分の「志」を実現する手段。
rakuhitoさん

生きがいでもあり、生きる糧を得るための手段でもあり、己を見つめ直すための修行でもある、人としての真っ当な営み。
ばってら子さん

出典元:大辞泉 あなたの言葉を辞書に載せよう。2015

 

意外と生きがいと感じている人が多いようですね。確かに1日の大半の時間を仕事に費やして生きているので時間の経過とともに生きがいと感じるのでしょうね。

他には、家族のためだったり、自分のためだったりという理由が多いですね。

というのも、仕事なんてのは自分のためか誰かのためにしているわけなんで当たり前ですが。

 

世の中の人が感じていることや思っていることもほとんどは最初に例を挙げたような感じと同じでした。

結論として仕事とは、人それぞれによって理由は異なるものではありますが、多くの場合「生活するため、生きていくための手段」と意味づけていいでしょう。

面接で問われる「仕事とは」と企業側の意図

面接で問われる「仕事とは」と企業側の意図

企業の面接でよく「あなたにとって仕事とは何ですか?」などと質問されることがあるかと思いますが、あの質問は何のためにしているか知っていましたか?

 

実は、この質問の裏には、次のような意図があります。

・仕事に対しての価値観を見極める

・人柄が知りたい

・会社の社風や経営理念と合うか知りたい

 

この質問を通して、初対面で会社に入社したいという人が仕事に対してどういう価値観を持っていて、どんな人柄で、会社の社風に適しているのかを判断しています。

 

余程的外れな回答をしない限り問題ない質問ではありますが、会社の社風や経営理念などに自分の考えが適しているかあらかじめホームページなどで確認しておいたほうが良いです。

とはいえ、そんなに考え混みすぎてもしょうがないので自分が思っている仕事の価値観をはっきり伝えるようにしましょう。

まとめ 仕事は人生を豊かにするために手段です

本記事では、仕事の意味や目的、人はなぜ働くのかについて解説してきました。

 

人それぞれ仕事に対する価値観や考え方は異なりますが、結論として仕事とは人生を豊かにするための手段でしかないということです。

多くの人が勘違いしやすいのですが、仕事の中に人生があるのではなく、人生の中に仕事があるのです。

 

仕事が生きがいであればいいのですが、あくまでも仕事はお金を稼ぐための手段、目的を果たすための手段であることを忘れないでください。

仕事だけで終わるそんな人生を歩むのか、好きなことや楽しいこともやって生きる人生を選ぶのか全ては自分次第です。

完全無料!!】未経験からエンジニアになりたい人向けのITスクールProEngineer

未経験からIT業界に転職したい

プログラマーになってフリーで活躍したい

エンジニアになりたいけどスクールに通うお金がない

安心・安全なスクールで学びたい

こんな希望を叶えてくれるのがProEngineer

◆特徴

全て無料(受講料、テキスト代等)

途中で辞めたとしてもOK

インフラ、プログラミング好きな方を選択できる(エンジニアカレッジ・プログラマカレッジ)

最短2ヵ月でエンジニアになれる

資格が取れる(条件付)

手厚い就職支援付き


 

ProEngineer(エンジニアカレッジ・プログラマカレッジ)の公式サイトはこちら

仕事とは?働く意味や理由について【人は何のために働くのか考えてみた】
この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!!