仕事がしんどいと感じたら要注意!?危険サインの見分け方と対処法

最近、仕事に行くのがしんどいし辛い。忙しいのはしょうがないけれども、もうそろそろ限界かもしれない。どうすればいいだろうか?

今回は、こんなお悩みを解決しつつ、仕事がしんどいと感じた時の危険サインの見分け方と対処法を解説します。

 

本記事では、次の内容が学べます。

・仕事がしんどいと感じる危険サインとは?

・仕事がしんどい時の対処法

・どうしても耐えられない場合の対策

 

近年は、ストレス社会と叫ばれるくらい仕事や私生活でストレスを溜め込んでしまう方は多いようです。

ストレスの主な原因は、管理された社会での生活に生き苦しさを感じたり、競争社会の中で消耗したりと様々です。

ストレスを溜め込むことは非常に体に良くなく、溜め込み続けた結果、仕事が嫌いになったり、病気になってしまっては元も子もないのでまずは事前に予防することが大切です。

では、まずはじめにどのよう症状が仕事が辛くなる危険サインなのか見ていきましょう。

仕事がしんどいと感じるときの危険サインとは?

仕事がしんどいと感じるときの危険サインとは?

朝起きて仕事に行くのが苦痛に感じるようになった

朝起きて会社に行きたくないという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

仕事がしんどいと感じる人の多くが、朝起床してから出勤するまでの時間に憂鬱になる人が多いようです。

また、日曜の夜になると次の日からまた仕事だということを意識しすぎて前日から憂鬱になる人もいます。これを世間では、サザエさん症候群と呼ぶそうですね。

 

とはいえ、このパターンの場合、意外にも会社に出勤してしまえばいつも通り仕事をこなせてしまう人も中には多いようです。

ある意味使命感のようなもので、会社に行きたくはないけど、お金を稼ぐためには働かなければいけない。なので会社に出勤して仕事をする。みたいな感じなのでしょうね。

ただ、嫌なことを無理して続けることに大した意味はなく、精神的な病気になる可能性もあるので気をつけましょう。

仕事が楽しくないと感じるようになった

今まではそれなりに仕事が楽しく感じていたけど、最近は全く仕事が楽しくないと感じるようになった場合、それは仕事にしんどさを感じているのが原因かもしれません。

元々仕事を楽しいと感じたことがない人と共通する部分もあると思いますが、仕事が楽しくないと感じるようになると、仕事に行きたくないと思うようになったり、仕事に集中できずに単純なことでミスしてしまうことが多くなってしまいます。

結果、上司に怒られる回数が増えたり、会社を定期的に休んでしまうという状態に陥ります。最悪の場合、鬱やノイローゼといった心の病になってしまい会社を辞める人も少なくありません。

寝ても疲れが取れなくなった

仕事が忙しくなってきたり、時間に追われながら仕事をしている人の中には、最近あまり眠れない、寝ても全然疲れが取れないという人は多いのではないでしょうか。

寝つきが良くない、いくら寝ても疲れが取れないという方は仕事に疲れている可能性が高いです。

人間の「三大欲求」の一つである睡眠は生きていく上でとても重要ですので、よく眠れない場合は生活に支障をきたすこともあるので注意が必要です。

職場に来ると必ず腹痛に襲われる

会社に出勤する前や会社に出勤してから体調が悪くなったり、腹痛などの症状が起こってしまう場合は、現在の仕事があなたに向いていなかったり、仕事にしんどさを感じている現れと言えます。

毎日薬を飲んで誤魔化したり、我慢して職場に出勤している人も多いのではないでしょうか?

このような状態になってしまう原因として、職場の人間関係が悪かったり、ミスや失敗が多く上司に怒られるのが怖いなどが理由として挙げられます。

体調が悪い中仕事をしたり、人間関係が縺れた中で仕事をしてもベストなパフォーマンスを発揮することは難しいのでなるべくストレスがかからないスタイルを確立することをおすすめします。

仕事がしんどい、辛いと感じたときの対処法

仕事がしんどい、辛いと感じたときの対処法

何が原因で仕事がしんどい、辛いと感じるのか明確にする

まずは、仕事が辛い、しんどいと感じる原因を分かる限り明確にしましょう。

 

例えば、

・職場内の人間関係が辛い

・上司に怒られるのが耐えられない

・責任が重すぎる

・仕事量が多すぎる

などです。

 

原因を明確化することで、対策を練ることができ、対処することができます。

人間関係に悩んでいたり、職場にいるのが辛いのであれば部署を変えたり、転職するなりして環境を変えることをおすすめします。

信頼できる上司や同僚に相談する

仕事で辛いことがあった時や壁にぶつかった時には一人で悩むことはせず、仲の良い同僚や上司に相談すると良いです。

なぜかというと、一人で悩むよりも第三者から意見をもらえることで別の視点で解決策を導き出せたり、より冷静に物事の判断をすることができるためです。

また、先輩や上司に相談するメリットとして、あなたよりも経験のある人達なので同じことを経験している可能性があるため、より具体的な解決策を提示してくれる可能性が高いです。

もし今現在、あなたが仕事について悩んでいるのであれば一人で悩み苦しむのではなく、周りの信頼できる人に相談してみてはいかがでしょうか。

妥協することを覚える

仕事に対してストイックで完璧主義思考の人は、自分のことを二の次にして無理して働く傾向があります。

とても素晴らしいことではあるのですが、常に完璧主義を追い求めてしまうと疲れてしまうので、ある程度妥協できる部分は妥協して仕事をした方が良いです。

ただ妥協するといっても適当に仕事をしろというわけではなく、一から十まであったら全てを全力でやることは難しいので、手を抜けるところは手を抜いた方が良いということです。

常に気を張り詰めているとかなりしんどいですので、責任感の強い方や神経質な方は多少なりとも仕事に対して妥協することを覚えると良いです。

プライベートを充実させる

毎日の仕事がしんどいのであればプライベートを充実させることをおすすめします。

なぜなら、休日に楽しい予定を入れておいたり、仕事終わりに飲みに行く予定を入れておくことで多少仕事がしんどいと思ったり、辛いと感じても頑張ることができるためです。

また、家族がいる人の場合、自分のためだけにお金を稼いでいた時とは異なり、家族のためにもお金を稼がなければいけないので必然的に頑張らなくてはいけない状況を創り出すことができます。

もし自分のためだけに頑張ることが困難になってきた人は、家族や子供を設けることで今までの自分よりも一皮も二皮も剥けた自分になれるかもしれませんね。

仕事のオンオフを明確に分ける

仕事がしんどいと悩んでいる人は、仕事とプライベートの時間をしっかりと切り分け出来ていない人が多いです。

特に責任感の強い方や役職のある方ですと、家に仕事を持ち帰ったり、休日に出勤して仕事をしている人もいます。

これだとどこまでが仕事でどこまでがプライベートなのか分かりませんよね?

なので、会社内ではしっかり仕事をして、会社以外の場所ではしっかりとプライベートを確保することが大切になります。

もし、仕事量が多くて時間内には終わらないなどはっきりとした理由があるのであれば直接上司に相談してください。

どうしても仕事に耐えられない場合の対策

どうしても仕事に耐えられない場合の対策

職場での人間関係に耐えられない、仕事量が多すぎて過労死してしまいそうなど、仕事がしんどいと感じる理由は人それぞれですが、どうしてもこれ以上仕事を続けられないと思った方は、思い切って転職すると良いです。

転職と聞くとあまり気の進まない人もいるかもしれませんが、仕事が辛い場合は、無理して続けても何のメリットもありません。

むしろ嫌々続けたことにより精神的な病気にもなりかねません。また、仮に精神的な病を患った場合、会社があなたを助けてくれる保証はどこにもありません。

なので、もし今現在勤めている会社に何かしらの不満があり、これ以上続けられる自信がないという方は転職を考えてみてはいかがでしょうか?

 

おすすめの転職サイトはこちらの記事で解説していますので参考にしてみてください。

関連記事

現代では多くの方が高校、大学の卒業と同時に企業などに就職をしたり公務員にという形で勤労に励んでいらっしゃるのではないでしょうか。基本的に日本という国では、学生を卒業すると当たり前のように会社に働きにいく風習があります。まぁ日[…]

まとめ

本記事では、仕事がしんどいと感じた時の危険サインの見分け方と対策について解説しました。

現代人は、人生の大半を仕事に費やしていますので働けなくなってしまっては生活していくことが困難となってしまいます。

そのため、仕事が原因で身体を壊してしまう前に危険サインを見つけ対処する必要があります。

危険サインを本人が感じ取れればいいのですが、意外と自分では気がつかないうちに悪い方向に向かっているケースも少なくないので、常にアンテナを張って気を付けるようにしましょう。

 

関連記事

[adcode]働きたくないけど生活のためにお金は稼がなきゃいけないから働かなくてはいけないけど、働きたくない人でも楽しく働ける仕事や副業って何かないの?今回は、こんなお悩みを解決しつつ、会社を辞めたい、働きたく[…]

働きたくない、仕事辞めたい人におすすめの副業・仕事まとめ【ネットビジネスがおすすめです】

完全無料!!】未経験からエンジニアになりたい人向けのITスクールProEngineer

未経験からIT業界に転職したい

プログラマーになってフリーで活躍したい

エンジニアになりたいけどスクールに通うお金がない

安心・安全なスクールで学びたい

こんな希望を叶えてくれるのがProEngineer

◆特徴

全て無料(受講料、テキスト代等)

途中で辞めたとしてもOK

インフラ、プログラミング好きな方を選択できる(エンジニアカレッジ・プログラマカレッジ)

最短2ヵ月でエンジニアになれる

資格が取れる(条件付)

手厚い就職支援付き


 

ProEngineer(エンジニアカレッジ・プログラマカレッジ)の公式サイトはこちら

仕事がしんどいと感じたら要注意!?危険サインの見分け方と対処法
この記事がいいな!と思ったらフォローどうぞ!!